初めて楽譜作成ソフトを使われる方へ

ここでは簡単な楽譜を例題にして、ミュースケに音符を入力して演奏するまでの手順を解説します。

画面の構成

こちらはミュースケにアクセスした直後の画面です。
各名称は読み進めていただく内にご理解いただけると思います。

楽譜作成例 「茶つみ」

この楽譜を例にミュースケに入力して行きます。

楽譜の設定を確認する

ミュースケに音符や休符を入力する前に、上の楽譜の点線より左側の部分で、楽譜の基本的な「設定」を行います。
上の楽譜のaは音部記号(ト音記号)、bは調号、cは拍子記号です。
これからミュースケのパート1に入力して行きますが、ミュースケの画面と比べるとbとcが異なっています。
ちなみに、cは4/4拍子の省略形なので、実際に設定するのはbの調号のみとなります。

調号を設定する

ミュースケで図のように「調変更モード」にして、「#1:Gメジャー、Eマイナー」を選んでください。

下図1の赤枠内をクリックすると、図aのように1小節目に調号が付き、図bのように2小節目にナチュラル記号が付きます。
これは、1小節目だけに「#1:Gメジャー、Eマイナー」が設定され、2小節目以降は初期設定のままということです。

続けて図2の赤枠内をクリックしてください。
その結果、図bのナチュラル記号が消え、ナチュラル記号は3小節目に移動したはずです。
これは、2小節目にも1小節目と同じ「#1:Gメジャー、Eマイナー」が設定されたことを意味します。
同様に図3と図4もクリックして、全小節に「#1:Gメジャー、Eマイナー」を設定してください。

最初の休符を入力する

それでは、楽譜の1小節目を入力して行きましょう。

最初は上の楽譜1の4分休符を入力します。
ミュースケで下図のように「休符入力モード」を選んでください。

下図のように、モード別セレクトメニューが「4分(休符)」になっているのを確認したら、1小節目の適当な位置にマウスをポイントしてクリックしてください。4分休符が入力されます。

最初の音符を入力する

4分休符の次にある4分音符(先の楽譜2)を入力しましょう。
下図のように「音符入力モード」を選んでください。

下図のように、モード別セレクトメニューが「4分(音符)」になっているのを確認したら、入力済みの休符より右で「レ」の高さにマウスをポイントしてクリックしてください。4分音符が入力されます。

間違って入力した音符や休符を削除する

「レ」に入力するつもりが「ミ」に入力してしまったなど、間違ったときは「削除モード」で音符や休符を削除してください。
(最初からやりなおしたいときは、ブラウザの「再読み込み」ボタンをクリックするか、パソコンのF5キーを押してください。)
手順としては「削除モード」を選んで、削除したい音符の玉や休符をマウスでポイントします。
すると、下図のように削除する対象が赤くなりますので、そのままクリックしてください。音符や休符が削除されます。

1小節目を完成させる

「音符入力モード」になっているのを確認して、残りの4分音符(先の楽譜3と4)を入力してください。
下図は、先の楽譜3の「ソ」を入力しようとしているところです。

2小節目を入力する

楽譜の2小節目を入力して行きましょう。

上の楽譜5の付点4分音符を入力します。
ミュースケの「音符入力モード」のモード別セレクトメニューで「付点4分(音符)」を選んで、2小節目の「シ」の高さにマウスをポイントしてクリックしてください。

続けて、先の楽譜6の8分音符を入力します。
モード別セレクトメニューで「8分(音符)」を選んで、前の音符と同じ「シ」の高さにマウスをポイントしてクリックしてください。

残りの小節を入力する

先の楽譜を見ながら、残りの音符と休符を入力して楽譜を完成させてください。

演奏して確認する

ミュースケを使う前の準備で音量の調整がお済みでしたら、ミュースケ画面左上の「演奏ボタン」をクリックして演奏させてみてください。
演奏を終了させたいときは、「演奏ボタン」右の「停止ボタン」をクリックしてください。

初めて楽譜作成ソフトを使われる方へ、その2 →