初めて楽譜作成ソフトを使われる方へ、その3

ここでは、ミュースケで設定できない拍子の曲を入力する方法などを解説します。

2/4拍子の曲の入力

ミュースケで設定できる拍子は4/4拍子と3/4拍子です。
この楽譜の拍子は2/4拍子なので設定できないのですが、この曲をミュースケに入力してみます。

まず楽譜の基本的な「設定」として、上の楽譜aの調号を設定します。
今までミュースケに設定して来たのと同じ手順で「b1:Fメジャー、Dマイナー」を設定してください。
次にbの拍子記号ですが、ミュースケでは2/4拍子は設定できないので、初期設定の4/4拍子のままにしておきます。
このような場合は、初期設定の4/4拍子のまま音符を入力して行きます。

2/4拍子の考え方

2/4拍子は、4分音符を1拍と数えて1小節内に2拍分(4分音符が二つ)入る拍子です。
上の楽譜の1小節目を見ると、4分音符が二つあるのがわかると思います。
ミュースケの初期設定の4/4拍子は、4分音符を1拍と数えて1小節内に4拍分(4分音符が四つ)入る拍子です。
ですので、この楽譜の2小節分を、ミュースケの1小節分に入力してしまえば、ミュースケの1~4小節に収まることになります。

実際に、上の楽譜の1、2小節目をミュースケの1小節目に入力したのが下の図です。

このようにして、ミュースケで設定できない拍子の楽譜も、入力して行くことができます。

← 初めて楽譜作成ソフトを使われる方へ、その2