Webブラウザで楽譜演奏!

 

前回、楽譜の例としてギター、ベース、ドラムスの3パート編成を挙げました。

この例のような楽譜を作成する場合、ベースパートをヘ音記号に変更する必要があります。

ベースパート(2パート目(*))をヘ音記号に変更する手順は次のようになります。

* ミュースケの3パート目はドラム譜専用ですので、変更することはできません。

まず、下図aのモードセレクトメニューをタップして、表示されたセレクト画面で「音部記号変更モード」にチェックを入れ、図bの「次へ」ボタンをタップしてください。

次に、表示されたセレクト画面で「ヘ音記号」にチェックを入れて、「完了」ボタンをタップします。

下図は五線部分全体を表示したものです。2パート目をヘ音記号に変更したいので、赤枠内でタップしてください。

その結果、下図aのように1小節目のみヘ音記号に変わりますが、図bのように2小節目以降はト音記号のままです。

このように、ミュースケは1小節単位でト音記号、ヘ音記号を設定する、ということを憶えておいてください。

今回は2パート目をすべてへ音記号にしたいので2、3、4小節(上図赤枠)もタップして、ヘ音記号に変更してください。

ミュースケにアクセスして画面を見ると、4小節の五線が3本表示されています。

つまり、ミュースケは3パート4小節のシンプルな楽譜を作成することができます。

例えば下図のように、ギター、ベース、ドラムス(ミュースケの3パート目はドラム譜専用です)という3パート編成のバンド譜が考えられます。

演奏するときは1~3パートが「同時に」演奏されます。1、2、3パートが「順番に」演奏されるわけではありませんのでご注意ください。

 

楽譜を作成するには、音符を入力する以外に、調や拍子なども設定します。

それらの設定をする際は、下図赤枠のモードセレクトメニューをタップします。

すると、下図のようなセレクト画面が表示されますので、ここで設定したい項目を選びます。セレクト画面を終了するには「完了」ボタンをタップしてください。

音符を入力する

今回は音符を入力しますので、モードセレクトメニューが「音符入力モード」になっていることを確認して、モードセレクトメニュー下の五線に指でタップして適当に音符を入力してみてください。

モードセレクトメニュー右に並んでいるのはモード別セレクトメニュー(下図a)といい、ここでは「音符入力モード」ですので、音符の長さ(4分音符や8分音符など)や音符に付ける臨時記号(#やbなど)を選びます。

音符を削除する

入力した音符を削除したい場合は、まずモードセレクトメニューのセレクト画面で「削除モード」を選択したあと、「完了」ボタンをタップしてセレクト画面を終了してください。

次に、五線にタッチすると消しゴムアイコンが表示されますので、そのアイコンを削除したい音符の玉に合わせてください。すると、下図bのように消しゴムアイコンが消えて、音符の玉の色が赤くなりますので、指を離してください。音符が削除されます。

最初から音符を入力しなおしたいときは、上図aの再読み込み(更新)アイコンをタップしてください。

演奏したいときは、画面上部の「再生」ボタンをタップしてください。