Webブラウザで楽譜演奏!

 

前回は、楽譜をURLに保存する機能を使って、そのURLをブログなどに貼り付ける方法をお知らせしました。

この機能は、その他にもいろいろなことに応用できると思います。

友達にメールで送って楽譜を共有する

前回と同じように、「ファイル」メニュー → 「データ公開用URLを表示」をタップして、楽譜情報を含むURLを表示させ、そのURLをコピーしてください。

iPhoneのメールソフトを起動して、宛先のメールアドレスと件名を書いたら、内容記入欄を指で長押ししてください。

下図はGmailの例ですが、このように「ペースト」アイコンが表示されますので、それをタップしてください。

内容記入欄に、先ほどコピーしたURLが貼り付けられますので、必要であれば文章を追加してメールを送信してください。

お友達が、受信したメール内のURLをタップすれば、あなたが「データ公開用URLを表示」をタップしたときと同じ楽譜を共有することができます。

自宅のPCで楽譜の続きを編集する

上記と同じ操作をして、最後のメール送信の操作をしなければ、Gmailは自動的にメールの内容を下書き保存します。

もし、外出中にiPhoneで楽譜を作成していて、続きは自宅のPCでやりたいと思ったときは、URLを貼り付けたメールを下書き保存しておく、という方法もあります。

そうすれば、自宅のPCでGmailにアクセスすると、下図のように「下書き」にURLを貼り付けたメールがあるはずです。

下書きに貼り付けたURLをクリックすると、「データ公開用URLを表示」をタップしたときと同じ楽譜が開きます。