リストにないコードについて

表記の違い

次のように表記されている箇所がないかご確認ください。

  • CM7などの「M」はCmaj7やC7とも表記されます。
  • C7(#5)などの「#」はC7(aug5)とも表記されます。
  • Cm7(b5)などの「b」はCm7(alt5)とも表記されます。

オン・コード(「C(onE)」など)

ルート音以外の音をコードの最低音として演奏するコードで、最低音を「on」を付けて表記(「C(onE)」など)します。
本来のコード構成音の中からルート音以外を最低音にする場合(コードの転回形として指定されることもあります)と、本来のコード構成音には含まれない音を最低音にする場合があります。
オン・コードは分数コードと呼ばれることもあり、「C(onE)」の代わりに「C/E」と表記されることもあります。

本来のコード構成音の中からルート音以外を最低音にする場合

本来のコード構成音には含まれない音を最低音にする場合

オン・コードは、前後のコードとのつながりをスムーズにする目的で使われることが多いのですが、テンションを含む複雑なコードネームを簡潔に表現する際に使われる場合もあります。

リストにないコードを作る

リストにあるものを組み合わせれば、ほとんどのコードは作成できると思います。
ここでは、リストにないコードをいくつか作ってみたいと思います。

C7(b5)を作る

このコードは、C(b5)C7の7度の音を加えたものです。
ですので、C(b5) / C(-5)C7を参考に、次のように作成します。

(b5) / (-5)に短7度を追加します。
(b5) / (-5)の減5度の音から、半音で4つ上の音を追加してください。

例:C7(b5) / C7(-5)

例:G7(b5) / G7(-5)

 

C7(b9)を作る

これは、C7にb9(短9度)の音を加えたものです(C9の9度の音が半音下がっただけ)。
ですので、C9C7(#9) / C7(+9)を参考に、次のように作成します。

基本3和音 - メジャー・トライアドに短7度と短9度を追加します。
基本3和音 - メジャー・トライアドの完全5度の音から、半音で3つ上と6つ上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では9度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:C7(b9)

例:G7(b9)

 

Cm11を作る

これは、Cm7に9度と11度の音を加えたものです(Cm7(11)に9度を追加したものと同じ)。
ですので、Cm7(11)Cm9を参考に、次のように作成します。

基本3和音 - マイナー・トライアドに短7度と長9度と完全11度を追加します。
基本3和音 - マイナー・トライアドの完全5度の音から、半音で3つ上と7つ上と10個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では9度と11度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力したり、ギターに倣って5度の音を抜くなど、適宜対応してください。

例:Cm11

例:Gm11