その他のコード・バリエーション4

ルートをCで表記しています。適宜読み替えてください。

C11

基本3和音 - メジャー・トライアドの長3度を省き、短7度と長9度と完全11度を追加します。
基本3和音 - メジャー・トライアドの長3度を省き、完全5度の音から、半音で3つ上と7つ上と10個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では11度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:C11

例:G11

 

Cm7(11)

基本3和音 - マイナー・トライアドに短7度と完全11度を追加します。
基本3和音 - マイナー・トライアドの完全5度の音から、半音で3つ上と10個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では11度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:Cm7(11)

例:Gm7(11)

 

C7(#11) / C7(+11)

基本3和音 - メジャー・トライアドに短7度と増11度を追加します。
基本3和音 - メジャー・トライアドの完全5度の音から、半音で3つ上と11個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では11度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:C7(#11) / C7(+11)

例:G7(#11) / G7(+11)

 

CM7(#11) / CM7(+11)

基本3和音 - メジャー・トライアドに長7度と増11度を追加します。
基本3和音 - メジャー・トライアドの完全5度の音から、半音で4つ上と11個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では11度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:CM7(#11) / CM7(+11)

例:GM7(#11) / GM7(+11)

 

Cm7(b5 11) / Cm7(-5 11)

長6度を省いたdim(ディミニッシュ・トライアド)に短7度と完全11度を追加します。
長6度を省いたdim(ディミニッシュ・トライアド)の減5度の音から、半音で4つ上の音と11個上の音を追加してください。

例:Cm7(b5 11) / Cm7(-5 11)

例:Gm7(b5 11) / Gm7(-5 11)

 

C7(13)

基本3和音 - メジャー・トライアドに短7度と長13度を追加します。
基本3和音 - メジャー・トライアドの完全5度の音から、半音で3つ上と14個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では13度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:C7(13)

例:G7(13)

 

C7(b13) / C7(-13)

基本3和音 - メジャー・トライアドに短7度と短13度を追加します。
基本3和音 - メジャー・トライアドの完全5度の音から、半音で3つ上と13個上の音を追加してください。
ミュースケは4和音までしか入力できませんので、下の例では13度の音とそれ以外の構成音で分けています。
例えばベースパートにルート音が入力済みならば、コードはそれ以外の構成音で入力するなど、適宜対応してください。

例:C7(b13) / C7(-13)

例:G7(b13) / G7(-13)