ギターのFコードを鳴らす

今までは、ただ音を出してみるだけでしたので、今回は少し音楽的な響きということで、ギターのコードを鳴らしてみたいと思います。

コードの種類は、ギターを始めたばかりの方にとって、うまく押さえられないコードの代表として、Fコードを選んでみました。

こちらがギターFコードのダイアグラム(指使い図)と楽譜です。
http://mappli.com/chordlist/2014/04/15/guitar-f/

この楽譜の1小節目を入力してみたいと思います。

ヘ音記号を設定する

下図1のドの音は、2パート目の下図2の位置と同じ音の高さなのですが、ミュースケの一つのパートに和音は四つしか入りません。

既に2パート目には和音が四つ入力済みですので、二つのパートに分けて入力しています。

ミュースケ(http://mappli.net/muske/)にアクセスしたら、「音符入力モード」をクリックしてメニューを表示させ、「音部記号変更モード」を選択してください。

赤枠3のように「ヘ音記号」に変更して、赤枠4をクリックしてください。2パート目1小節目のト音記号が赤枠5のようにヘ音記号に変わります。

音符を入力する

「音部記号変更モード」から「音符入力モード」に変更して、「4分」を「全」に変更してください。

これで、前述のコードダイアグラムと楽譜ページ1小節目のコードのように、全音符で入力することができます。

次のように、1パート目と2パート目を入力してください。

入力する位置を間違えたら、「編集」メニューの「元に戻す」を実行してください。

なお、この「元に戻す」は、直前の作業しか元に戻すことはできません。

複数の音符を修正したいときは、「音符入力モード」から「削除モード」に変更して、消したい音符の玉をクリックして削除してください。

音色を変更する

「音符入力モード」から「音色変更モード」に変更して、「スチールギター」を選択してください。

1パート目と2パート目の五線をクリックして、「スチールギター」を設定してください。「グランドピアノ」の表記が「スティールギター」に変わります。

「再生」ボタンを押すと、フォークギターの音色で音が鳴ります。

色々な音色に変更してみましょう。

例えば、「クリーンギター」はプレーンなエレキギターの音色です。「ディストーションギター」はハードロックなどで使われる歪んだギターの音色です。

こちらのページで、Fコード以外のコードも作成中です。響きの違いを確認してみてください。
http://mappli.com/chordlist/index/

→ 目次に戻る