PR:ブラウザで動く無料楽譜スケッチアプリ『ミュースケ』。iPhone/iPadに対応

ホーム » あなたのパソコンの演奏チェック

あなたのパソコンの演奏チェック

あなたのパソコンは、Score Magazineで演奏できるかどうかチェックしてみましょう。

最近のパソコンの多くは最初から音源ボードが内蔵されており、MIDIファイルが演奏できます。 下のサンプル曲をクリックしてみましょう。 Windows Media Playerが起動して演奏を始めたら、問題なく演奏できるパソコンということになります。

サンプル曲

演奏されない場合は…

Windows 2000かMeの場合は[サウンドとマルチメディア]ダイアログボックスの、 Windows XPの場合は[サウンドとオーディオ デバイス]ダイアログボックスの、 それぞれ[オーディオ]タブで[MIDI音楽の再生]をGM音源(一般的にパソコンに内蔵されています)、 またはGM音源と上位互換の音源に設定してください。

Windows 98 場合は、 [マルチメディア]ダイアログボックスの[MIDI]タブで[単一の機器]を同様の設定にしてください。

各ダイアログボックスを起動するには、まずWindowsの[スタート]ボタンをクリックして (Windows 2000かMeか98の場合は[設定]をポイントして)[コントロールパネル]をクリックします。

次に、表示された[コントロールパネル]から、Windows 2000かMeの場合は[サウンドとマルチメディア]を、 Windows XPの場合は[サウンドとオーディオ デバイス]を、Windows 98の場合は[マルチメディア]を、 それぞれダブルクリックしてください。

なお、ダイアログボックスに音源名が表示されない場合は、音源ボードが内蔵されていない可能性があります。 その際は、パソコンのマニュアルでご確認ください。音源ボードが内蔵されていないパソコンでは演奏できません。

GM
音色の配列などを定めた規格です。このGM規格の音源でMIDIファイルを演奏すると、 音色に関していえば、配列23番はハーモニカ、配列43番はチェロなどと決まっているので、 異なったメーカーの音源でも同じ楽器で演奏します。
GM音源と上位互換の音源
ヤマハのXGマーク付きの音源や、ローランドのGSマーク付きの音源などがこれにあたります。

このページのトップへ