「未分類」カテゴリーアーカイブ

『ミュースケ』がiPhone/iPadに対応

本日、iPhone/iPadに対応した『ミュースケ – Music Sketch Sheet』を公開(http://mappli.net/muske/)いたしました。
このバージョンより、Windowsでもそのまま音が出るようになり(*)、保存も可能になりましたので、より使いやすくなったと思います。
『Score Magazine』ともども、よろしくお願いいたします。
* HTML5のWeb Audio Apiという仕組みを使っています。

すべての楽器音色を聞く

演奏に使いたい楽器を選ぶ際は、Note Editorヘルプの最後にある「GM楽器音色リスト」と「GMドラム音色リスト」が参考になると思います。
「GM楽器音色リスト」の音色を聞くには、まず[設定]メニューの[各トラックの設定]をクリックしてください。
次に、表示されたウィンドウのトラック1(MIDI Ch.が「10」以外であればどのトラックでも構いません)の「GM音色」を変更して[発音]ボタンをクリックしてください。
一方「GMドラム音色リスト」ですが、このリストの中でもTr.Dr(ドラムトラック)で使う通常のドラムセットの音色を聞くには、まず[設定]メニューの[ドラム音色]をクリックしてください。
次に、表示されたウィンドウのスピーカーアイコンが描かれているボタンをクリックすると、ボタン左の音色名の音を聞くことができます。
通常のドラムセット以外のドラム音色を聞く
[ドラム音色]ウィンドウでは通常のドラムセットの音色を聞くことができますが、それ以外のドラム音色を聞くための専用の機能はありません。
Score Magazine Pro付属のNote Editor Proには鍵盤入力という機能があり、その鍵盤上で右クリックすると音階に対応した音が出ますので、それで確認することができます。
Note Editorで確認するには[入力済み音符編集]ボタンの[音程変更モード]を利用します。
まず、[設定]メニューの[楽譜のレイアウト]で「1ページの段数」を「4」に設定してください。
次に、図(クリックすると拡大します)bのように1小節目に全音符を、cのように2小節目に#付き全音符を、それぞれ入力してください。
Drums_sound

そして、[設定]メニューの[各トラックの設定]で、音符を入力したトラックのMIDI Ch.を「10」に変更してください。
次に、[表示]メニューの[マウスポインタのドラム音色名]と[入力済み音符編集ボタン]にチェックが入っていることを確認して、aの[音程モード]ボタンが押されている状態にします。
最後に、入力した全音符を上下にドラッグしてください。ドラッグしている間、dのようにマウスポインタ右に表示されている音色名(「GMドラム音色リスト」の音色名です)の音を連続して聞くことができます。
2小節目の全音符をドラッグすると、#の音階に設定されている音色を聞くことができます。
ちなみに、bをポイントしてクリックすると「ボンゴ(ハイ)」が、cをポイントしてクリックすると「ボンゴ(ロー)」が、それぞれ発音します。